key of life

BL小説を書いたりしている江渡晴美の日記です。

旅日記

休んで、出かけて、また休んで、というのを繰り返しているうちに、連休も明日で終わり。

一昨日は旭川まで出かけて、夫が動物園に行ったことがないというので、まず動物園へ。
旭山動物園がいろいろ話題になって、円山もその影響か結構変わったんだけど、旭山のいいところって、やっぱ、掲示物(方向指示とか)とかいちいち可愛いところなんじゃないかと思ったな。
あと、旭山後って、動物が綺麗になった気がする。匂いとかもね。それはいいことなのかどうかわからないんだけど、あの匂いが苦手でちょっとという人もいたんじゃないか。

仕事を始めて少したった頃、旭川の近くに住んでいたので、いろいろなじみの場所にも今回は行ったのだった。
今回嬉しかったのは、昔何度か訪れたことのあった紅茶専門店がまだきちんとあって、しかも相変わらずの繁盛ぶりであったことだった。店内には数年前に放送されたアニメのスチールが掲示されていた。そのアニメの中で、その店が舞台にされていたらしい。
最近は店のいれかわりが本当に早いし、経済状況の変化もあって、旭川の駅前のあたりも随分変わって、私たちがよく通っていた店はもういくつもなくなってしまっている。そんな中で地元の人に長く愛されている店に行くと、ほっとする。

休んでいる時には、家で撮りためてあった番組を見たりしていた。
特に4月末にNHKで集中的に放送していた皇族関係の番組は、こういうときにしか見られない資料的な映像がでることもあるので、優先的に見た。29日?に四部か五部構成くらいでやっていたのは、いろいろ視点を変えてはいたものの、重複しているものも結構あって、「あ、またこの話(この映像)」というのも、ちらほらあった。あと、30日の夜にやっていた特集(『日本人と皇室』?)はとても面白かった。再放送があったら、録画してまた見たい。
日本史はまったく真面目にやっていないので、どうして戦後天皇がああいう形になったのかの理由がわかっているようでわかっていないんだけど、天皇と宗教は切り離せないものなのは確かなことで、日本から天皇をなくすというのは結構難しいことだな、と、番組見ながら思った。なんだろう。どう表現したらいいのかわからないのだけど、象徴としての存在感が高まることで、逆にとても宗教的な存在になっているというか……。まあいろいろ思うところのあった数日間でした。

平成31年4月30日にしたこと

 初めて日高まで出かける。
 なかなかよい天気でした。
 札幌はもう結構暖かく、先週の暖気+寒気でだいぶん桜も咲き始めていたので、札幌よりも位置的に南になる日高ならもっと咲いているのでは?と思っていたら、海沿いなので、風も強く、肌寒い感じでした。日高地方というところはこれまで出向いたことがなかったので、いろいろ目新しかった。高速道路を走りながら右を見ても左を見ても、牧場。馬。馬。
 話に聞いてた二十間道路というところの桜並木を主な目的として出かけたのですが、桜は五分咲きといったところで、桜祭りも今日からだった。
 でも、一本一本の桜がとても大きく、並木はものすごく長く(入り口の掲示板に”徒歩1時間”とあった)花は咲いていないのに、つぼみはついているので、遠目にうっすら赤くなっていて、花が咲いたらこれは大変な見ものになるだろうなぁと思いました。
 またいつか行きたいと思います。

『ぼくの名前はズッキーニ』

連休二日目。早朝に録画したのをさっき見ました。
いろいろな事情をもって児童養護施設に入った男の子と施設の子供たちの話。クレイ?パペットアニメかな。
ここの施設、悪くないんじゃない?ていうか、結構いいとこじゃない?と思うんだけど、とにかくそれぞれの子供の持つ過去というか、彼らの境遇がとにかく大変。
主人公の男の子は、ちゃんとした名前があるんだけど、アル中のお母さんが彼のことをずっと「ズッキーニ」と呼んでいたので、自分のことを他の人にも「ズッキーニ」と呼ばせる。
この子が絵を描いて他の人に手紙として送る、と言う場面が折に触れ出てくるんだけど、その絵がいい。
ズッキーニのなかよしの女の子が新しくしつらえられた部屋に入るところで、私も泣いてしまいました。

とにかく顔がいい

キングダム 54 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 54 (ヤングジャンプコミックス)

月曜日に、突然「これからキングダム見に行こう。チケット取って」とか言われ、原作いっこも読んだことないのにキングダム見に行きました。
実は私は男の子の大好きな中国史ものをそんなに得意にしていなくて、横山光輝三国志でさえ、たぶん読み通していないんで、この漫画はたぶん家に全部揃っているにも関わらず、読んだことがなかったのです。
ボヘミアンラプソディ』がすごく盛り上がっている頃に、リアルタイムでクイーンを知っている世代のおじさまたちは「昔はクイーンが嫌いだった。あれはオンナのものだったから」と言っていたようなんですけど、私はその逆みたいな感じで男の子のもてはやすコンテンツに対する苦手感があり、『ワンピース』があんまり得意じゃないのも、もしかするとそういうところかもしれないと振り返って思います。

それでも普通に面白く、よく出来ている映画でした。話にもまとまりがあり、カタルシスもあり。
そんな中で、強く印象に残ったのが、今年ブレイク必至と言われている吉沢亮くんです。もう、とにかく登場する度に「顔がいい」としか言いようがないほど、本当に顔がいい。彼は今季の朝ドラにも出ているんだけど、朝ドラ特番で共演女優(仙道敦子小林綾子)も絶賛するほど顔がいいんです。私にとっては彼は仮面ライダーメテオだったんだけど、あの頃から顔はよかったですよ。たしかに。
こんな風に書くと彼は顔しかよくないみたいですけど、そんなことはないんですけど、画面に映ると「ほんと顔いいな」とつい思ってしまうんです。すいません。こんな風に「顔いいな」と私が思うのは、今のところ高杉真宙と彼くらいです。もちろん好みの問題だとわかってはいます。
もちろん主人公の山﨑賢人だって、本郷奏多だって、頑張っていましたよ。山﨑賢人は少年漫画の主人公をきちんと演じていたし、本郷くんは昔の本田くんを思い出す何かがありました。橋本環奈だって今回とてもいい感じで、可愛かった。原作好きの夫が上映後文句もなくわりに褒めていたし、私も正直に「よく出来たコンテンツだな-」と思ったので、きっとヒットするんだろうなぁ。

初めてのアイスショー

昨日実家からの帰りでぐたぐたのままSOIに行きました。
月寒体育館は初めてだったので、入場してプログラムを買ったあとで、うろうろ探検。六時開場七時開演で、終演したら九時まわるのは確実だったので、私はご飯早めに終えて行ったのですが、中にはたこ焼きの屋台が出ており、壁際でおにぎりなどを食べている方がたくさん。お客さんの年齢層はいろいろ。スケート習ってるらしい子供から年配の方まで。
今回私はチケット取ってもらった人なので、よくわからず会場に入ったのですが、実際行ってみるとスケーターの出入りする場所の反対側リンク際の2列目で、超良席でした。
そんでもって、グループナンバーのメインの面子が、まいちゃん、さっとん、ランビ先生、シブズ、ハビ……と、どこ見たらいいのかよくわからない感じで、あわあわしましたけど。
芸能人の感想みたいだけど、みんな小さくて細くて、筋肉隆々であった。特にかおちゃんはテレビ中継だととても大きく見えていたのが、実際見ると(世界選手権の時に明らかに身体を絞っていたのはわかっていたのですが)頭が小さいし、細かったなー。競技用のプログラムもたくさん見られたし、大変楽しかったです。

ふたりきり

おでんくんが進学のために家を離れて、昨日から本格的に夫婦ふたりきりの生活が始まってしまった。
周囲の人からいろいろな話も聞いていて、これまで心の準備もしてきていたんだけど、正直まだ全然なじまない。
でも、これから本当にずっと二人なんだよな。
とりあえず購入する食料品の量を減らすことから始めたいと思う。

『ちえりとチェリー/チェブラーシカ 動物園へ行く』

劇場版チェブラーシカ 特別版 [DVD]

劇場版チェブラーシカ 特別版 [DVD]


「~動物園へ行く」は円盤化されていないようですが。

TBSラジオ「アフター6ジャンクション」の6時台の情報コーナーでの案内を聞いて、週末朝一で劇場へ行きました。
イオンシネマのみの一週間限定くらいの上映だったので、小樽で見ました。パペットアニメーション
お客さんは私を入れて6人くらい。親子連れが一組いて、ちょっとほっとした。

『ちえりとチェリー』は、数年前に父親を亡くした女の子とイマジナリーフレンドの話。話の中でまったく主張がされていないんだけれども、震災を想定しているらしく、サンドウィッチマンの二人も声で参加したりしています。
チェブラーシカ 動物園へ行く』は、風邪でダウンしたゲーナの代わりにチェブラーシカが動物園へワニとして働きに行く話です。相変わらずゆるい話だけど、癒やされた。
小樽のイオンシネマはすごく久しぶりだったんだけど、ショップが撤去され、飲食売り場の脇にちょっとだけ物販コーナーが出来ていた。チェブラーシカ関連は結構充実していて、ぬいぐるみも数種あり、あまりのかわいさに「ぎゃー」と脳内で変な声出たけれど、いい年なのでぬいぐるみは我慢し、クリアファイルを数種とマステを買いました。